親鸞<完結編>

9月末ころに読みました。
本つながりのYさん(子どもが同じ学年であるのですが)から、親鸞<完結編>が図書コーナーに入りましたよと知らせを頂いたのは、私は落ち込みに落ち込んでいるその時だった。

本を読む気持ちになんかなれない・・・と思いつつ、ありがたく借りに行きました。
彼女は「私は今別のを読んでいるから、先に読んでください」といって、わざわざ連絡してくれたのでした。

親鸞 完結篇上 (五木寛之「親鸞」)

五木 寛之/講談社

undefined


親鸞 完結篇下 (五木寛之「親鸞」)

五木 寛之/講談社

undefined


完結編というくらいだから、最後は想像できますが・・・。
五木寛之氏の「親鸞」は親鸞・親鸞激動篇がそれぞれ上下巻であって、この完結編は5、6冊目になる。

いつも彼の筆力に脱帽なのだが、「親鸞」という作品は、冒険活劇というジャンルがふさわしいと思っていた。
完結編は、冒険活劇という内容は、やや薄れて、「その後の親鸞と彼の周辺・・」という内容だった。
上下共に、肝心の親鸞の登場はかなり少なめ。
上巻は、親鸞の息子の善鸞の話、下巻は竜夫人という謎に満ちた豊満な中年過ぎの女性の話は中心だった。
竜夫人の話が、これまで著者が書いていた小説の中の親鸞が関わった人物や出来事の穴埋め的な働きをして、忘れかけていた最初のころの
「親鸞」に出てきた非常に個性的でいわくありげな人物たちの素生を暴きだし、スポットを当てる役割だ。

その辺りの話の展開はぬかりないなぁとこれまた感心したのだった。

親鸞の家族の様子なども丁寧に書かれていて、歴史の教科書では、「「親鸞ー浄土真宗」という組み合わせしか習っていなかったが、
だいぶ重厚にこの時代背景、この時代としての宗教の意味、そして単なる鎌倉新仏教のひとつの祖以上に人間味あふれる親鸞像をもつことになった。

この本を薦めてくれたYさんは、大学時代の専攻が中世の日本史なのだそうだ。
いい本を薦めてくれて、本当にありがとう。





[PR]
# by 870498paqpaq | 2016-11-06 18:58 | 本の感想

5か月ぶりです

本当にずっと更新してませんでした。6月以来・・・。5か月ぶり。

とりあえず元気にしていました。

6月後半から更年期なのか少し体調を崩して、2週間くらいで立ち直ったのですが、そのまま夏期講習に突入!と準備万端していたのですが、7月19日にまさかの次女の入院。

風邪の発熱で痛恨の学校欠席!と思っていたのですが・・・。

トイレに起きた時に、ふらつき、倒れてしまったのです。
やっとこさ近所の病院へいったものの、要精密検査ということで、近くの大きな病院へ。

特に異常ありません・・・と言われる寸前に、またもや次女の意識が遠のき、そのまま入院。

なんと4泊5日の入院で、しかも親が付き添い。

原因不明で、そのまま元気になったので、退院しました。

一体あれはなんだったのか。

それ以降異常はありません。

痛かったのは、入院費8万円!でした。当然のことながら、数日後に予定していた関西旅行は、金銭的なことと体力面からキャンセル。


ただ、今後熱が出た時に、ちょっと不安です。

夏期講習もいきなりの3日欠席で、職場に頭があがらず、その分8月はがんばりました。

夏休み中もPTAが関わる行事は容赦ない。まつりまつり・・・。
ほとんどカレー作りですよ。

やっと夏期講習が終わり、そのまま怒涛の期末テスト対策。

この地域は、夏休み明けが期末テスト。子どもがかわいそうだよね。

期末テスト明けて、

もう少しで秋休みって、9月23日。

私のとっても個人的なことですが、人生最大の衝撃の日になりました。人生最悪の日。

メールだけど、なんていうか、修羅場でした。ちなみに、夫婦間のいざこざではありません。

そこから、ほとんど1週間ほど食べ物の味がわからず、食欲なく、3キロ痩せました。
身を引き裂かれるような悲しさ。嫉妬・憎悪。

意外にもそこから1週間ほどで立ち直りました。
それも不思議でしたが・・・。

その1週間で、なんと3冊もの本を読みました。
・親鸞(上下・完結編)
・火花
・ロクヨン
本の中へ逃げ込むというのか・・・・心の痛みは感じたままですが、別世界が覗けるのは、本当によかったです。
 これらの本の感想は、またのちほど・・・。

その立ち直った日を境に、なんとなく自分が浄化された気がした。
現在は、くしくも食欲が戻ってきてしまって、不浄に戻りつつありますが・・・。
しかし、空腹感は大事。味覚や直感が冴えてくるのを、実感しました。

小吉ですが、たからくじ1万円当たりましたし・・・。(そういうこと?めっちゃ俗的な話題だが)

はなまりちゃんも、少しは宇宙の真理に近付けているのかな・・・って思えるときがあります。
[PR]
# by 870498paqpaq | 2016-11-05 22:16 | 日記

その他の作品1

先ほど、選挙の期日前の仕事の説明会に行ってきました。
今年は近くの公民館から外されて、遠くの市役所になってしまい、さらに回数も減り、当日投票事務もなく、
非常にテンションの低い選挙となります。

最近のリボンレイの作品を載せます。


<レイア3>
f0123517_16074872.jpg



<名前はなし>以下4点同じ編み方。あまりきれいではないです。

f0123517_16064571.jpg
f0123517_16061312.jpg

[PR]
# by 870498paqpaq | 2016-06-21 16:09 | リボンレイ・手芸

レイア3のゼブラシリーズ

f0123517_10044135.jpg
これは以前「レイア3」という名前をつけたリボンレイです。
一色が色目が多くでます。
同じもの2つでなくて、黒白と黒アイスカーキという組み合わせです。
写真にすると、全く違いがわかりません。
一応レイア3の中のゼブラ(しまうま)シリーズとまたまた意味不明・必要性不明な
名付けをさせてもらいました。


[PR]
# by 870498paqpaq | 2016-06-21 10:05 | リボンレイ・手芸

しばらくぶりに新作です アイビー

f0123517_09540295.jpg
ブログ久々に更新です。
忙しかったというのもあり、なんか「待ち状態」の要件ばかりでいらいらした日々が続いていました。
そんな中、本当に急にリボンレイを再開しました。

これも結構疲れる・・・。
目が疲れるのか、首が疲れるのか・・・
写真を途中に持ってこれないので、いきなり冒頭にあります。

名前は「アイビー」です。
まわりに蔦のようにつるが絡んでいるように見えるからです。
編み方は特に難しくありません。

どなたかが作っているかもしれませんが・・・。
新らしい編み方というのは、編み方と模様に規則性があること
見た目がきれいなことの3点が備わっていれば、大丈夫だと思います。
実はリボンレイを再開したとはいえ、自分のレシピ通りに昔に考えたのを作ってみたところ、
ほとんど忘れているばかりか、自分のレシピが不完全で、再現できないものがほとんどでした。
なので、このレシピを再度見直しして、自分の記憶も同時に更新する作業ばかりしていました。
そんな中で、作った「アイビー」です。














[PR]
# by 870498paqpaq | 2016-06-21 09:59 | リボンレイ・手芸